イケてる表とイケてない表

 

何気ないエクセルの表一つでも、その人の資料作成スキルって如実に出ます。

仕事柄、表には結構こだわりがあります。

今日はエクセルでよく作られる表を使った資料を考えてみたいです。

例えば、よくあるこんな営業データの表。

f:id:presen-sen-nin:20131210232213p:plain

ひどい人だとコレですね。

もう、見た瞬間に「出直してこい!」と言いたくなるレベル。。

どこが小計で、合計かも分からないという。。。色も何も使わずに白黒一色!

ある意味潔さはありますが。。。

 

まあ、ここまでひどい人は少ないとして、よくあるのがコレくらいの感じ。

f:id:presen-sen-nin:20131210232240p:plain

悪くはないんですが。。。という感じですよね。

もう少し見栄えとか、分かりやすさに対する意識がほしいな~というところです。

 

次のレベルになるとコレ。

f:id:presen-sen-nin:20131210232243p:plain

ここまで来るとかなりの安心感がありますね。もう言う事ないって感じです。

小計の中の罫線が点線になってるの気付きました?この一手間入れるだけでだいぶ見やすくなります。

色も、考えて使っています。合計に一番目立つ濃い背景に白抜き文字を使って、小計にはそれぞれ違う色を使って「違うものだ」という事をアピールしています。

 

かなり分かってるな〜となるのが次のレベルです。

f:id:presen-sen-nin:20131210232247p:plain

何が前のやつと違うか分かりますでしょうか?

はい。罫線を最小限に残して削って、色を付けるところもシンプルにしていますよね。

 

実は、罫線っていうのも立派な「情報」です。だから、不要な情報がたくさんあるとそれだけで見ているとちょっと疲れるんです。

 

だから、気の利いた人だと、不要な罫線は大胆に外して、逆に注目してほしいところだけにアクセントカラーの罫線を入れたりします。

 

このレベルだと、会社のIR資料なんかを任せられるイメージでしょうか。外部に出しても恥ずかしくないですね。

 

と言うわけで、同じ表一つとっても色々と工夫の仕様があると思います。