「良い資料」の定義とは

 

良い資料って何だろう?

 

考えてみると意外と難しいですよね。

例えば、スティーブジョブズiPhoneの発表の時に使っていたプレゼンスライド。

YouTubeなどで見た事のある方も少なくないのではないでしょうか。

 

アレを駄目な資料、という人はきっと多くはいないですよね。

とてもインパクトの強いジョブズの歴史的なプレゼンをサポートしたとても良い資料だと思います。

 

でも、アレをビジネスの現場で応用しようと思ったときに、ストレートに使える事ってまあ、多くないと思いますね。

 

例えば、私のやっているような経営企画系の部署でも、顧客に向けての商談資料なんかを作っている営業の方でも、あんなにシンプルでビジュアルな資料を作る事はまず、ないです。

 

要はTPOなんですよね。どのような場面で、どのような人に対して、どのような事を伝えたいか、また、プレゼンをする人が資料を作成した本人なのか部下なのか、等によっても変わってきます(自分でしゃべるのであれば端折れるところも、他人がしゃべるとなると詳しく書かないといけなかったりとか。。)。

 

でも、逆に「駄目な資料」って考えると簡単です。

絶対に、どんな事情であっても、「駄目!」という資料。

 

それは、読んでも、ちょっと考えてみても、

 

「何を言いたいのかさっぱり意味が分からない資料」

 

です。これだけはNG。絶対駄目ですね〜。そして、結構巷に出回っているという。。。

 

だって、そうですよね。ビジネスで使っている資料なんだから、「何かを伝達したくて作っているもの」なんです。それが、「はてはて、この人は何を言いたいのかしら???」となったら元も子もないです。

 

また、意味は分かっても「人によって受け取り方が大きく違ってしまう資料」も良くないですね。ちなみに、私は、そういう資料に出会うと「文学的な資料」と呼ぶ事にしていますが。。。

 

というわけで、資料を作る際は、まず第一優先で「相手に自分の言いたい事をしっかり伝える」という事を大切にしましょう!