粗悪な会議資料が与える影響

「ん?どういう意味だ?全然分かんない。。。」

 

会議の中で、こんな気持ちになる事って少なくないと思います。

 

「分かりにくい」資料ならまだしも、「分からない」資料だともうお手上げです。

全然違う事考え始めたり、関係のない内職を始めたり。。。

 

これってどこの会社でもある風景だと思います。

 

これってものすごい損害だと思うんですよね〜。

 

会議って、大きく分けると、①情報を共有したい②ある事について話し合って策を練りたい③ある事について、判断/決断したいの3つのいずれかのタイプに入る事が多いと思います。

 

ところが、「資料が分からない」となると、3つのどのタイプであっても、その前段階で引っかかってしまって、次の段階に進めないわけです。

 

すんなりと説明内容が頭に入って、その次の段階の検討や判断、といったところまでいけるような会議資料をみんなが作るようになれば、会社の競争力にも大きく関係してくると思っています。

 

大げさなように聞こえるかもしれませんが、本当にそうだと思います。

 

よく、「うちの会社は判断が遅い、こんなスピード感じゃ競争に勝てない」みたいな愚痴って、どこの会社でも聞くものだと思います。

 

たしかに、それはそれで事実なのかもしれませんが、その原因って経営者や幹部にだけあるものか、もしかしたら自分たちの作っている会議資料にも、(少なくとも一部)の原因はあるかもしれない、と考えると会議資料を作る際に自分への戒めにもなる気がしています。