メッセージのある資料

読んでいて、「で?何が言いたいの??」って思う資料ってあります。

 

とりあえずグラフが載っているとか、何か表が載っているとか、何かいっぱい箇条書きがあるとか、何か書いてあるわけなんですが、そこから「何が言いたいか」というメッセージが何も感じられない、というタイプの資料です。

 

これって個人的にはすごく勿体ない気がします。

 

なんかいっぱい情報を投げかけて、その結果として「何を感じてほしいか」という部分は「読者のあなたにお任せします!」と言われている感じがします。

 

文学作品ならそれでOKですが、ビジネス文書としてはイケてません。

 

ビジネスで作っている資料なので、何かしらの伝えたいメッセージがあり、それを伝えるために資料を作っている、というのが本来の姿なのですが、よくアリがちなのが「資料を作る事」自体が目的化してくるというパターンです。

 

とりあえず会議が設定されてしまったので、何か作らないといけない、作る事がまず目的としてあるから、メッセージはないがしろに。。。

 

でも、厳しい事を言うと、そんな資料なら作るだけ時間の無駄、とも考えられます。

 

出来る事なら、自分が今やっている仕事には何らかのプラスの価値を生み出している、という実感があった方が幸せです。

 

会社の仕事の中に埋没していくと、無意識にそういう状態になってしまう事はあると思いますので、自分への自戒を込めてこのテーマを取り上げてみました。

 

資料を作る時は、まず、「伝えるべき、意味のあるメッセージ」を考えてから、それをカタチにできるような資料を考えたいと思っています。