人間の脳を理解すれば、プレゼンが通る

 これまで、あなたが見た中で、あなたの心に残るような面白いビジネスプレゼンテーションは全体のうち、何%くらいありましたか?

 

多くの方にとって、

 

ほとんどのプレゼンテーションはつまらないものだったのではないでしょうか?

 

実は、私達はその人達と「同じ間違い」をしている可能性があります。

 

今日は、人間の脳、という観点から通るためのプレゼンテーションを考えてみたいと思います。

 

実は、人間の脳の中には、3人の異なるキャラクターが存在しているのです。

 

それは、

 

①論理や理性を司る「人間脳」

 

②感情を司る「哺乳類脳」

 

③本能を司る「爬虫類脳」

 

の3人です。

 

f:id:presen-sen-nin:20170730135007p:plain

 

多くのプレゼンテーションがつまらない理由は、

 

この、人間脳さんにだけ話しかけているからなのです。

 

人間脳さんに話しかけるとは、論理的なファクトを示したり、メリットやデメリットを示したり、数字で裏付けをしたり・・・ということです。

 

もちろん、これは、これで必要なことなのですが、

 

「この人間脳さんへのアプローチ」だけで終わっているプレゼンテーションでは、人の心は動きません

 

なぜなら、人間の脳は、その深いところに行けばいくほどに、強力な影響力を持っているからなのです

 

人間は、多くのことを理性的に判断していません。

 

例えば、あなたがiPhoneを買う時に、どんな理由を考えるでしょうか?

 

◯CPUの処理速度が上がっているから〜

◯カメラ機能が最新になったことで、旅行の時に〜

◯XXXXXという新機能がついているので毎日の生活が効率的に〜

 

みたいなことを、家族や友人に言うかもしれませんね。

 

でも、実は、こうした理由は、全て「後付け」です。

 

こうした決定は、じつは、爬虫類脳や哺乳類脳といった、深い部分の脳が決定を下しています。それを人間脳が「理屈で後から説明」しているだけなのです。

 

あなたの「意識」が「言葉」で理屈を思いつく前に、本能や感情が決定を下しているのです。

 

そのため、プレゼンテーションでは、この「深い部分」に働きかけるようなアプローチを取る必要があります。

 

多くの企業でありがちな、データや理屈を並べたてただけのプレゼンテーションを聞いても、

 

「なぜか心が動かない」

 

という最大の理由はここにあります。

f:id:presen-sen-nin:20170730141304p:plain

 

 

では、それぞれの脳がどのような欲求を持っており、具体的にどのように働きかけたら良いのか?

 

という点については、また、別の記事で書きたいと思います^_^

 

それでは!

 

 

presen-sen-nin.hatenablog.com

coconala.com